PR
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    申師任堂(西瓜と野鼠)
    0
       

      韓国の紙幣の最高額は50,000ウォン札です。
      50,000ウォン札は2009年に登場したんですが、表は飾るのは朝鮮時代中期の女流書画家「申師任堂(シン・サイムダン 신사임당1504〜1550)」です。朝鮮時代の儒学者の代表である「李珥(イ・イ)」の母としてもよく知られています。韓国の貨幣に実存女性が描かれたのは初めてで、話題を集めました。
      彼女の作品の中に「スイカと野ねずみ(수박과 들쥐)」の絵がありますが、とてもおもしろいです。


      印象的なのは、野ねずみがスイカを食べている姿です。この時代のものとしてはとても珍しいユニックな絵ですね。彼女の観察力もすごいなあと思います。他の絵にも見られる動物、昆虫などがとても精密に描かれているんです。

      男性中心の世界であった朝鮮時代を生きた彼女がこのような自由な発想とのびのびと絵が描けたのは、彼女が、夫の実家ではなく自分の実家で過ごせたのがその理由の一つにあげられています。

      彼女は5人娘の一人で、男のいない家で男としての役割をしていたと思われています。つまり一番大事な法事(チェサ、祖先を祭ること)を、責任をもってやっていたんですが、それは彼女の実家を継ぐという意味でもあり、また財産の相続権利も彼女にあったと考えれています。そういうこともあって夫は彼女が自分の実家で暮らすことを許し、そのお陰で彼女は悠々と田舎で暮らせたんでしょう。

      上のこの「スイカと野ねずみ」の絵の解説ですが、国立中央博物館所長によると
      スイカ(수박)は種が多いことから、子孫を繁栄を意味し
      野ねずみ(들쥐)もまた旺盛は繁殖力があることで有名なので子孫繁栄と関係があります。また、野ねずみがいるところはいつも食べ物があることから「富」をも意味します。
      蝶(나비)には長寿、なでしこ(패랭이꽃)には青春の意味があるんだそうです。
      つまり、この絵には青春のような若さのまま長生きし、子孫代々繁栄しますようにという祝福の意味が込められているんだそうです。

      posted by: hangulnara | 日韓の古典を楽しもう! | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 10:20 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        トラックバック