PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    シークレットガーデン2回 キム・チュンス詩人の「花」と絡んだ台詞
    0
       2回のあらすじ
      ずっとライムのことが頭から離れないジュウォンはライムの電話番号を聞き、アクションスクールにいる彼女を訪ねる。そこでまた違った彼女の一面を見て、さらにライムの魅力に吸い込まれていく・・・。

      2回のおもしろい会話。
      ライムとジュウォンがいる病院の前に現れたオスカ(ライムは歌手オスカのファン)。
      オスカとライムは一回会った事がある。ライムは当然オスカが自分の名前を覚えてないだろうと思っていたが、オスカは覚えている。その場面に、韓国人なら誰もが知っている「キム・チュンス(金春洙)」詩人の詩「花」が出てきます。やっぱりこの詩が分からないとこの場面のどこか笑えるか分からないでしょう!!
        
           
                       김춘수

      내가 그의 이름을 불러 주기 전에는
      그는 다만
      하나의 몸짓에 지나지 않았다.

      내가 그의 이름을 불러 주었을 때
      그는 나에게로 와서
      꽃이 되었다.

      내가 그의 이름을 불러 준 것처럼
      나의 이 빛깔과 향기(香氣)에 알맞는
      누가 나의 이름을 불러다오.
      그에게로 가서 나도
      그의 꽃이 되고 싶다.

      우리들은 모두
      무엇이 되고 싶다.
      너는 나에게 나는 너에게
      잊혀지지 않는 하나의 의미가 되고 싶다.


         花

          キム チュンス(金春洙)

      わたしがその名を呼ぶまでは
      それはただの
      一つの仕草にすぎなかった。

      わたしがその名を呼んだとき
      それはわたしのところにやって

      花になった。

      わたしがその名を呼んだように
      わたしのこの色と香りにふさわしい
      誰か  わたしの名を呼んでおくれ。
      その人のところに行ってわたしも
      その人の花になりたい。

      わたしたちはみな
      何かになりたい。
      わたしはあなたに  あなたはわたしに
      忘れられない  一つの意味になりたい。




      ☆この場面の台詞


      오스카: 어  여전히 멋지네요. 길라임씨.
       주원: 이름까지 알아?
      라임 : 그쪽은 내이름 어떻게 아는데...
      주원: 댁은 조용히 하고
      오스카 :너는 애가, 댁이 뭐냐! 춘수형님 말씀 못 들었냐?
                내가 그의 이름을 불러주기 전에는 이하 중략
                내가 그의 이름을 불러주었을 때 그는 나에게로 와서
      주원 :오빠 팁 줘!
      오스카 : 팁을 줬다. 

      オスカ:あら、相わらず格好いいですね。キルライムさん。
      ジュウォン:名前まで知ってる?
      ライム:そっちは私の名前をどうやって知ってるの?
      ジュウォン:オタクは
      かにして!
      オスカ:君は、オタクって!チュンス兄貴のお話も知らないの?
           私があなたの名を呼ぶ前までは、以下中略。
           私があなたの名を呼んだとき、あなたは私のところに

      ジュウォン:オッパ!チップちょうだい!
      オスカ:チップをあげた。

      posted by: hangulnara | 韓国ドラマで学ぶ韓国語 | 16:07 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 16:07 | - | - | - | - |
        学生時代はよく詩を読んだり覚えたりしてましたが、生活の忙しさを言い訳に本当に疎遠になっています。たまにしか詩に接する時間がありませんが、その時間はとても文学少女になったような気がします。
        コメント、ありがとうございました。
        | hangulnara | 2012/07/22 12:21 PM |
        google検索からきました
        丁寧に説明してくださり、理解できました。ありがとうございます。
        有名な詩だろうとは思っていましたが、調べる手立てがなくてもどかしく思っていました。素敵な詩ですね。
        最近詩を読むことが少なくなっていましたので久しぶりに心が安らぎました。またのぞかせて下さいね〜〜
        | マユマユ | 2012/06/20 10:27 PM |









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        トラックバック