PR
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    韓国の漢文の読み方について
    0
       先日、KBSワールドで朝鮮時代の宰相「黃喜」に関す話を見ました。
      それを見ながら、その話の出典が気になり調べました!

      出典の漢文を見ながら、古典を専攻する友人から韓国では漢文をどのように読むのが質問されたことを思い出しました。
      そういえば、私も日本の漢文の訓読にはずいぶん苦労しました!!

      韓国の漢文の読み方は日本に比べると楽かな・・・
      しかし意味を読み取るには日本の漢文の訓読が良いです。
      というのがですね、日本の漢文の訓読は、日本語と語順が違う漢文を、漢文の原型を変えずに、一、二、上、下レ点などの符号を付けて、日本語の語順となるように翻訳して読むので、読んだ時点で解釈が出来ているからです。しかし、この訓読は現代語ではないので、現在はさらに現代語訳が必要ですけどね。

      一方、韓国の漢文の訓読は、漢字の音読みだけ読んだ後で、区切りがいいところで切り、補助的に意味に適した接続語か語尾(トシ)を入れます。

      例えば『論語』の「学而編」の一番はじめに出てくる有名な文章
      子曰 学而時習之 不亦説乎

      日本の漢文では
      「子曰ク、学ビテ而時ニ習フ(レ)之ヲ、不(二)亦説(一)バシカラ乎。」
      となりますね。読み下し文は
      「子曰く、学びて時に之を習ふ、亦説ばしからずや。」
      となります。

      韓国の漢文では
      子曰(자왈)學而時習之 (학이시습지)면 不亦說乎 (불역열호)아
      と読みます。
      これを訳すと
      공자 가라사대, 배우고 때때로 익히면 또한 기쁘지 아니하겠는가.
      となります。
      そういえば高校の時、これを解釈するためによく順番を(上の文だと子曰の次は「1 2 3 5 4  8 6 7 9」の順)つけて覚えました。確か順番を聞く試験問題もあったような・・・
      posted by: hangulnara | 韓国語の語彙・表現力を広げよう | 15:03 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 15:03 | - | - | - | - |
        漢文の日韓による取り入れ方は興味深いものがあります。
        | 藤堂俊介 | 2020/01/10 10:46 AM |









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        トラックバック