PR
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    釜山・慶尚道方言―語尾の特徴
    0
       

      釜山・慶尚道方言はわりときつい感じがし、ケンカしてるように聞こえるときもありますが、意外とやさしい語調も多いです。実は、私は結婚してからそれに気づきました。釜山のシデク(旦那の実家)に挨拶に行ったとき、シオモニ(お義母さん)や、ヒョンニム(義理姉)、ドンソ(義理妹)の話し方がすごくやさしく愛嬌があってびっくりしました。
      さて、前回には呼称の釜山方言を見てみましたが、今回は語尾についてお話します。
      釜山・慶尚道方言の語尾は、まず「〜です・〜ます」の「ヨ体」の「−요」が「−예」「−소」になります。パンマル(タメ口)の場合は「−데이」をつけます。
      また、パンマルで質問する時は「−나?」「−노?」を、丁寧体の質問形の場合は「−는교?」をつけます。
      それでは会話例を見てみましょう。


      엄마: 니 오늘 저녁밥 먹고 들어 오노?
      딸: 예, 밥 먹고 들어 올게예.
      엄마: 너무 늦게 오지 말고 일찍 온나. 알았나?
      딸: 알겠습니데이. 잔소리 좀 그만 하이소.

      母:あんた、今日夕飯食べて帰ってくるの?
      娘:はい、ご飯済ましてきます。
      母:あまり遅くならないで、早く帰ってきてね。わかった?
      娘:わかりました。小言もうやめてよ。


      * 実は、私は全羅道出身ですが、思わずに「−노?」と言ったりします。義理の母の影響だと思います。なぜか慶尚道の人は他の地方で暮らしてもなかなか慶尚道方言の癖がなおらないのですが、全羅道の人は他地方に行くとその地方の方言に慣れ、比較的に早くその地方の方言をしゃべる傾向があります。ちなみに個人的に釜山・慶尚道方言「−예」のしゃべり方はとてもかわいいです。

      posted by: hangulnara | 韓国の方言 | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 15:44 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        トラックバック